イェーボは品質を重んじます。

私たちが健康を維持し、体内にある37兆個の細胞が正常に機能するために不可欠な栄養素は、全ては体内では作られません。

その体では作ることが出来ない栄養素は、食べ物から摂取する必要があります。

その栄養素を体内に送り込むために、イェーボでは品質にこだわって製造しています。

製造工程を外部委託することも可能ですが、イェーボ製品がどのように製造されているかということに細心の注意を払います。そのため、イェーボはネバダ州リノ市において、最先端技術の自社施設を建設しました。

ビーハイブでは、準備が簡単で43種の必須栄養素すべてを提供できるおいしい食品を開発し、製造しています。簡単なことではありませんが、イェーボの人材は完璧主義で、製品が安全で効果的、そして確信が得られるまで市場には出しません。

イェーボの施設では技術、品質、責任に焦点を当てています。一生懸命働くと同時に楽しみも持ち、アイデアを分かち合い、常にお互いを向上させるよう努めています。

工場は、イェーボの創造の源であり、イェーボの革命の中心地でもあります。すべてのイェーボリューショニストが歓迎される集まり。それがビーハイブです。

イェーボの 43 for Life ~43種の必須栄養素~

  • シンプル
    知恵が詰まった製品
    イェーボの各製品には専門家の知恵が詰まっています。必須栄養素を完璧なバランスで含むようにイェーボ製品は作られました – 個人でイェーボのような食品を作ることは不可能に近いです。
  • 簡単
    水を加えるだけ
    イェーボと43種の必須栄養素を水を加えるだけでお楽しみいただけます。非常に簡単です。
  • 地球にやさしい
    食品廃棄物の削減
    現代の食品廃棄物は汚染の主な原因です。実際、生鮮食品の40%以上が、ゴミ箱に捨てられ、埋立地のメタンを生む源になっています。農業は私たちの貴重な水の主な利用目的で、そこから流出した水が海を汚し、生態系を壊しています。
    70億人が住む私たちの地球の人口は100億にまで増加すると予測されていま。どうすれば農業のために今残っている熱帯雨林を失わずに済むしょうか?
    遺伝子組み換え食品を受け入れますか?
    それより良い方法があります-食品廃棄物を削減することです。食べ物から水を除去して、腐敗を減らします。
  • 非遺伝子組み換え
    安全性が確認されていない素材は使わない
    遺伝子組み換え食品の健康への影響の研究は進行中ですが、安全性と利点が特定されるまでは、イェーボは非遺伝子組み換え食品だけを使用します。
  • 手ごろな価格
    43種の必須栄養素:5ドル未満
    ファストフード店の食事のコストよりも安い値段で、あなたの心と体が毎日絶対に必要とする、43種の必須栄養素を得ることができます。また、健康を害する過剰な塩分、糖分、脂質を排除できます。

イェーボ 43種の必須栄養素とは

14種のビタミン、14種のミネラル、2種の必須脂肪酸、12種の必須アミノ酸、そして水です。水は準備の際にイェーボ製品に加えられるものです。

  • 14種のビタミンとは:
    ビタミンA
    ビタミンC
    ビタミンD
    ビタミンE
    ビタミンK
    アミン – B1
    ビタミンB12
    ビオチン – B7
    リボフラビン – B2
    ナイアシン – B3
    葉酸 – B9
    ビタミンB6
    パントテン酸 – B5
    コリン
  • 14種のミネラルとは:
    カルシウム
    リン
    マグネシウム
    鉄分
    ヨウ素
    亜鉛
    セレン

    クロム
    マンガン
    モリブデン
    ナトリウム
    塩化物
    カリウム
  • 12種の必須アミノ酸とは:
    ロイシン
    イソロイシン
    バリン
    アルギニン
    リジン
    メチオニン
    システイン
    フェニルアラニン
    チロシン
    トリプトファン
    スレオニン
    ヒスチジン
  • 2種の必須脂肪酸とは:
    オメガ3脂肪酸
    オメガ6脂肪酸

イェーボ の43種の必須栄養素は、
世界保健機関(WHO)と医学研究所によって認定されました。

ネットワークビジネスは 完全在宅のインターネット時代です!ご存じですか?
ネットワークビジネス急成長

家事・育児・仕事に忙しい女性が完全在宅で副業
気軽に無料資料請求

資料請求

インターネットネットワークビジネス情報

資料無料請求



2016年ネットワークビジネス売上高ランキング ベスト100

順位会社名売上高(百万円)前年比(%)
1日本アムウェイ96,794▲0.2
2三基商事70,000
3フォーデイズ41,3796.6
4ニュースキンジャパン34,500▲10.0 
5アシュラン27,500
6ナチュラリープラス23,41010.5
7ノエビア22,900
8フォーエバーリビング19,600
9シャルレ18,613▲10.2
10モリンダジャパン18,000
11ベルセレージュ本社17,5002.9
12モデーアジャパン16,000
13高陽社12,000
14日本シャクリー11,024▲11.6
15グラントイーワンズ8,50037.0
16シャンデール8,300
17日本タッパーウェア8,000
18赤塚7,800
19セプテムプロダクツ7,51013.7
20日健総本社6,400▲7.7
21イオン化粧品6,170▲15.0
22サミットインターナショナル6,000
22ネイチャーケアジャパン6,000
24ロイヤル化粧品5,807
25アライヴン5,5000.0
26ハーバライフ・オブ・ジャパン5,300
27ザ マイラ5,130▲5.0
28ライフバンテージジャパン5,000
29TIENS JAPAN(ティエンズ)4,6005.0
29シナリー4,600
29ニナファームジャポン4,6003.4
32アイビー化粧品4,488▲4.7
33YOSA(バイオクイーン)4,410
34ピュアクリスタル4,0000.0
35ドテラジャパン3,80052.0
36ペレ・グレイス3,6009.0
37マナビス化粧品3,400
37グリーンプラネット3,400
39エクスフューズジャパン3,19010.0
40スターライズ3,1000.0
41三和 株式会社3,0000.0
42M3(エムスリー)2,5000.0
43アミン2,400
44サンテクレアール2,300
45ケイエスビー2,250
46ベガ(VEGA)2,1261.9
47イオスコーポレーション2,1000.0
48マナテックジャパン2,000
48フォーライフリサーチジャパン2,000
48アイスター商事2,000
48オードビー・ジャポン2,000
52シナジーワールドワイドジャパン1,82546.0
53シェラバートン1,8026.9
54ローズライン1,800
55エックスワン1,750
55ハッピーファミリー1,750
57アトコントロール1,700100.0
58シー・エム・シー1,630▲6.5
59日本ベスト1,4000.0
60エヌエーシー1,35012.5
61エムジーエム1,300
62IPSコスメティックス1,200
62エムブラン1,2000.0
64GNLDインターナショナル1,13013.0
65国際友好交易1,004▲3.0
66エコロインターナショナル1,000
66プロティオス1,000
66マイフレンド1,000
66クレス薬品1,000
70ユニヴェール9870.0
71レインボー900
71エコプライム900
73ウィル・サーチ800
73ユニシティ・ジャパン800
73ウイズ800
76ライラック7724.0
77ジョイ7270.0
78遊気創健美倶楽部700
79DNA600
79スリーピース60050.0
79AIM(エイム)6000.0
82ビー・エッチ・シー593▲15.0
83苔善580▲10.0
84参壽恵本舗 5589.0
85OriVis51021.4
86ユサナ・ヘルス・サイエンス500▲30.0
86NIKKEN(ニッケン)500
88アルペン総合研究所480
89アストーラ4704.4
90セモア450
91ミューズ400▲20.0
91エルブ400
91ラヴィ400
94ピュアスター38034.8
95DNAジャパン360
96エポックモア350
96コンフィニアンス350
98フューチャーエナジー3434.5
99スターリジャパン3100.0
100クリエイション300
101フォーチュンインターナショナル250▲7.4
101ナチュミン・ジャパン250▲34.2
103日本ビーエフ248▲2.3
104パルウエーブ200▲60.0
104ツインズ200
104ラ・スプランデュール200
107ミラクル160▲11.1
108SEIKAN150
109サンライダー・ジャパン・インク132

(2016年3月号 月刊ネットワークビジネスより)

関連ページ




a:743 t:1 y:0