フォーデイズ 営業停止処分

フォーデイズに消費者庁が立入検査
フォーデイズ(本社東京、和田佳子社長)が7月11日に、消費者庁の立入検査を受けていたことが分かりました。昨年8月に「がんが治る」などの勧誘トークが「不実告知」に当たるとして改善指導を受けていました。
同社では改善策を実施したことで、全国の消費者生活センターに寄せられる相談件数(PIO-NET)は減少してはいましたが、劇的な成果に至らなかったことが立入検査につながったものと見ています。
検査を受けて、同社ではさらなるコンプライアンス強化を図っています。

フォーデイズ2016年8月に改善指導を受ける

今回の立入検査の約1年前、フォーデイズは消費者庁からの呼び出しを受けて、16年8月17日に和田佳子社長が訪問しました。その際に、
「氏名等不明示」
「概要書面不備・不交付」
「不実告知」
「重要事項不告知」
の4点について、改善指導を受けました。さらに、「高齢者の登録に対して、どのように認識しているか」を問われたといいます。

指導を受けて、同社では改善策を打ち出しました。75歳以上の会員が新規登録する場合は、家族の同意を得ることを必須としたほか、16年12月には「ファーストサポートダイヤル」(相談窓口)を設置して、より解約しやすい環境を整備しました。現場への教育としては、(公社)日本訪問販売協会の「JDSA訪問販売教育指導者資格」の取得をリーダーに促しました。

フォーデイズ 不実告知・勧誘目的不明示の2点を指摘される

17年に入ってからは、ビジネスリーダー約2万人を対象にしたコンプライアンス講習会を実施するなど、法令順守に努めてきましたが、7月11日、消費者庁が特定商取引法に基づき、東京本社や東京サロンに22人、鹿児島コールセンターに10人が来て、立入検査を行ったといいます。
昨年の行政指導以降、改善策を進めたことで、PIO-NET(パイオネット)に寄せられる同社への相談件数は、緩やかに減少しましたが、「消費者庁が求めるラインにまでは下がらなかったため、立入検査につながったのではないか」(和田社長)と見ています。

立入検査で指摘された項目は、「不実告知」「勧誘目的不明示」の2点。
「がんは治る」「遺伝子修復」などの勧誘トークが、不実告知に当たるとされました。また、会員が独自に制作した、製品の効能・効果をうたった内容の資料が問題視されているといいます。
「勧誘目的の不明示」は、会員がセミナー等に誘う際に、目的を告げていなかったことが該当すると指導されました。

会社・会員の両方でコンプライアンス委員会を設置

立入検査を受けて、まず同社では会員への告知を行いました。7月14日、ホームページに和田社長のメッセージ動画をアップし、消費者庁から指摘されたことを報告するとともに、コンプライアンスの徹底を呼びかけました。

そして、緊急トップメンバー会議を7月19日に東京で開催、約100人が参加しました。21日には熊本でも実施。更に、24日にはリーダーを目指すタイトルである「ディレクター」約6000人に「緊急のお知らせ」を配信。事実関係の説明、消費者庁から指摘された項目について明記するとともに「不適切な勧誘をなくし、間違いのない登録の推進」「消費者センターへの入電の激減、そしてゼロを目指す」を実施するとしました。

続いて、社内体制の強化として、コンプライアンス委員会を設置。和田社長を責任者として、関係部門長に外部有識者を加えました。また、会員組織においても、トップリーダーである「トリプルスターディレクター」が中心となって、都道府県ごとにコンプライアンスを推進するグループを構築する構想です。
同社によれば、もう間もなく全都道府県でグループができるそうです。
そのトップリーダー主導で、会員が独自に作成した製品の効能・効果を記載した資料の回収も急いでいます。

不適切な勧誘を受けた会員に未開封商品の返品・返金対応

7月26日、和田社長が消費者庁を訪問して、改善報告書を提出しました。前述の改善策に加えて、客観的な立場からの事実関係の調査・審議・助言を行うことを目的として「第三者委員会」を設置。また、直近1年間に登録した会員を対象に、不適切な勧誘を受けて退会を希望する会員には、未開封商品の返品・返金対応策を報告したといいます。

さらに、ビジネス会員である「トレーナー」の認定制度も厳格化しました。トレーナー講習会を受講し、試験に合格した会員のみがトレーナー資格を得られます。すでに資格を保有する約2万1000人の会員も再度、受講・受験する必要があります。トレーナー講習会は8月17日から全国で開始しました。

このように、フォーデイズはさまざまなコンプライアンス強化策を打ち出し、会員とともに健全なビジネス活動を再開していくとしています。

 <2017年10月号 月刊ネットワークビジネスより引用>

フォーデイズに限らず後を絶たない大手企業の営業停止処分

ナチュラリープラスの営業停止、その後もM3・・・
大手企業でこういった処分が後を絶ちませんね。。

会社・製品を愛するがゆえに熱く語ってしまうのかもしれませんが
極一部の不注意な人のために、企業全体が受けるダメージは大きすぎます。
当然、ネットワークビジネス業界全体のダメージです。

「ネットワークビジネス」のイメージを下げず
良い製品・誠実なビジネスを望んでいる方のためにも
我々一人一人がコンプライアンスを遵守しなければなりませんね。

当サイトは多数のMLM企業の情報を掲載させていただいております


いかに集客するか?どうやって組織を大きくするか・・・
その壁さえ突破できれば・・・きっとあなたの夢が叶う。。。

 ネットワークビジネスで成功するには情報と戦略が必要です!

  まずは無料案内をお読みください ネットビジネスのコツ!
  注目企業のチェックはこちらから MLMランキング


ネットワークビジネス急成長
ネットワークビジネスは在宅でストレスフリーの時代です!ご存じですか?

インターネットネットワークビジネス情報

line
今の収入に満足ではないから、
すきま時間にチョコチョコっと働いて
少し自由になるお金があると助かる・・・
そんな方への朗報です↓

資料請求

家事・育児・仕事に忙しい女性が完全在宅で副業
気軽に無料資料請求

資料無料請求



ネットワークビジネスランキング 2017年 ベスト100

順位会社名売上高(百万円)前年比(%)
1日本アムウェイ100,4711,6
2三基商事60,000
3フォーデイズ42,9498,1
4ニュースキンジャパン31,000
5ノエビア27,1034.8
6アシュラン24,900
7フォーエバーリビング20,5805,0
8ベルセレージュ本社19,0007,8
9シャルレ18,068▲4,1
10モリンダジャパン17,000
11ナチュラリープラス16,485▲24.0
12モデーアジャパン16,000
13日本シャクリー10,441▲6,6
14高陽社10,000
15日本タッパーウェア8,000
15シャンデール8,000
17赤塚7,800
18グラントイーワンズ7,500▲11.8
19イオン化粧品6,910
20アイビー化粧品6,66429,1
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,3008.5
23セプテムプロダクツ6,200▲9,0
24サミットインターナショナル6,000
25ネイチャーケアジャパン5,500
25アライバン5,5000.0
27ニナファームジャポン5,2504,0
28ザマイラ5,030▲2.0
29ドテラジャパン5,03010.0
30サンクスアイ5,00080,8
31TIENS JAPAN4,800
32YOSA4,7490.1
33シナリー4,600
34ライフバンテージジャパン4,300
35ピュアクリスタル4,0000.0
35ハーバーライフ・オブ・ジャパン4,000
37ペレグレイス3,6500,5
38エクスフューズジャパン3,4450.0
39グリーンプラネット3,400
40マナビス化粧品3,200▲2,5
41三和3,0000,0
42スリーピース2,730127,5
43シナジーワールドワイド・ジャパン2,4279,0
44アミン2,400
45サンテクレアール2,300
46ケイエスビー2,2500.0
47ベガ2,171▲0,2
48ジュネスグローバル2,1005,0
49イオスコーポレーション2,0373,8
50オードビー・ジャパン2,000
50アイスター商事2,000
50マナテックジャパン2,00010,0
50カイアニジャパン2,000
54ローズライン1,800
54エックスワン1,800
56シェラバートン1,7905,6
57ハッピーファミリー1,750
58アトコントロール1,554▲23.0
59M31,500▲25.0
59スターライズジャパン1,500
59ユニシティ・ジャパン1,5007,1
63シー・エム・シー1,380▲4,0
64エヌエーシー1,3500,0
65日本ベスト1,3000.0
66セルフ1,27011.0
67エコロ・インターナショナル1,25030,0
68エムジーエム1,200
68IPSコスメティックス1,200
68エムプラン1,0040,0
71国際友好交易1,004
72ウィンライフ・ジャパン1,0000,0
72マイ・フレンド1,000
72クレス化粧品1,000
72フォーライフリサーチジャパン1,000
76ユニヴェール9870,0
77ウィズ800
78レインボー8000,0
79ウィル・サーチ796▲2,5
80ライラック7760.2
81ジョイ7320,7
82遊気創健美倶楽部700
82アフロゾーンジャパン700
84OriVis69021,0
85参壽恵本舗6336,0
86DNA600
86ピュアライフ600
86AIM6000,0
89苔善560
90ビー・エッチ・シー530
91JM Ocean Avenue Japan520
91ピュアスター52014,0
93エコプライム500
93プロティオス500
93NIKKEN500
93ユサナ・ヘルス・サイエンス500
97アストーラ4955,3
98アルペン総合研究所480
99ビィゴライフ4700.0
100セモア450
101スターリジャパン42513,3
102エルブ400
102ラヴィ400
102ミューズ400
105DNAジャパン360
106エポックモア350
107コンフィアンス モリビア320▲0,9
108クリエイション300
109フューチャーエナジー250
109フォーチュンインターナショナル2500,0
111日本ビーエフ242
112ビオータ175191,7
113ミラクル160
114SEIKAN1500,0
115サンライダー・ジャパン・インク130

(2017年10月号 月刊ネットワークビジネスより)

当サイトは多数のMLM企業の情報を掲載させていただいております


関連ページ




a:1670 t:1 y:0