2016年 ネットワークビジネス ランキング 健康食品

今回ご紹介する2016年ネットワークビジネス健康食品ランキングは、
2014年10月~2015年9月までの決算期が対象です。

ネットワークビジネスランキングの総売上高を製品別に集計すると、
シェア第1位は健康食品

合計売上高は3351億3800万円。
全体の52.7%と半分以上を占める、主力カテゴリーの「健康補助食品」
前年より1.6ポイント増加しました。

その分、競合企業が多くはありますが、販売しやすい製品だといえます。
15年4月にスタートしました「機能性表示食品」制度を活用しようと検討する主宰企業もあることから、今後もシェアが拡大する可能性があります。

因みに売上高第2位は化粧品、第3位は下着。
以下、水関連商品、美容機器、健康機器、寝装品・寝具と続きます。

2016年 ネットワークビジネス健康食品の大予測

植物油が改めて注目。今年は食用アルガンオイルに脚光。
酵素製品は継続してヒットしています。

近年、亜麻仁油やエゴマ油、ココナッツオイルといった植物油の健康・美容効果が改めて注目を集めています。16年は「食用アルガンオイル」に注目です。

また、ネットワークビジネス業界では酵素製品がヒットしていますが、この流れは16年も継続すると予測します。

酵素製品は最近話題のファスティングダイエットと相性が良いため、「健康的に痩せたい」と考えている消費者のニーズに応えられます。
ファスティングなどと組み合わせて酵素製品を投入する企業は増えるのではないでしょうか?

MLM資料

2016年 ネットワークビジネス 健康食品ランキング ベスト50


順位会社名売上高(百万円)前年比(%)
1三基商事7,000
2日本アムウェイ41,275▲0.6
3フォーデイズ34,9337.7
4ナチュラリープラス23,41010.5
5フォーエバーリビング19,600
6モリンダジャパン18,000
7ニュースキンジャパン17,250▲10.0
8モデーアジャパン16,000
9高陽社12,000
10日本シャクリー11,024▲11.6
11赤塚7,800
12日健総本社6,400▲7.7
13ネイチャーケアジャパン6,000
14ハーバライフ・オブ・ジャパン5,300
15ライフバンテージジャパン5,000
16ニナファームジャポン4,6003.4
17エクスフューズジャパン3,19010.0
18M3(エムスリー)2,5000.0
19サンテクレアール2,300
20イオスコーポレーション2,1000.0
21マナテックジャパン2,000
21フォーライフリサーチジャパン2,000
23シナジーワールドワイドジャパン1,82546.0
24ハッピーファミリー1,750
25シー・エム・シー1,630▲6.5
26エムジーエム1,300
27エムブラン1,2000.0
28GNLDインターナショナル1,13013.0
29国際友好交易1,004▲3.0
30プロティオス1,000
31ユニヴェール9870.0
32ウィル・サーチ800
32ユニシティ・ジャパン800
32ウイズ800
35ライラック7724.0
36ジョイ7270.0
37DNA600
37スリーピース60050.0
39苔善580▲10.0
40参壽恵本舗5589.0
41OriVis51021.4
42ユサナ・ヘルス・サイエンス500▲30.0
43アルペン総合研究所480
44ミューズ400▲20.0
45DNAジャパン360
46フューチャーエナジー3434.5
47スターリジャパン3100.0
48フォーチュンインターナショナル250▲7.4
48ナチュミン・ジャパン250▲34.2
50日本ビーエフ248▲2.3
51ミラクル160▲11.1
52サンライダー・ジャパン・インク132

(2016年3月号 月刊ネットワークビジネスより)

★当サイトは多数のMLM企業の情報を掲載させていただいております★
  売上高を非公表としている企業は、ランキングには登場していません。


ネットワークビジネス急成長
ネットワークビジネスは在宅でストレスフリーの時代です!ご存じですか?


家事・育児・仕事に忙しい女性が完全在宅で副業
気軽に無料資料請求

資料請求

インターネットネットワークビジネス情報

資料無料請求




a:981 t:1 y:0